日本海LNG株式会社TOPへ
リンク集

お問い合わせ窓口

NEWS 日本海LNGについて 事業のご案内 環境・地域協調活動 LNG基地利用申込のご案内
HOME>事業のご案内>新潟基地の設備
新潟基地の概要
LNGとは
LNGの輸送ルート
新潟基地の設備
LNGの用途
 
アクロバットリーダーはこちらから
LNGの輸送ルート

LNG設備図
※クリックすると拡大画像を見ることが出来ます。

■受入設備
専用タンカーによって輸送されたLNGは、アンローディングアームと呼ばれる
受入設備によってLNGタンクに送られ一旦貯蔵されます。
■貯蔵設備
LNGを貯蔵するための設備で、10万キロリットル4基と、8万キロリットル4基
があります。
貯蔵設備の詳細へ
■気化設備
LNGをガスに戻す装置には、ORV(オープンラック式ベーパライザー)と
SMV(サブマージド式ベーパライザー)があります。
気化設備の詳細
■中央制御室
基地の全ての機器は、コンピュータによって集中管理され、監視用テレビと
パトロールによる常時監視も行っています。
中央制御室の詳細
■出荷設備
出荷設備では、タンクローリー6台が同時に充填できるコンピュータ制御を
採用、安全で効率的な出荷体制が確立されています。
出荷設備の詳細へ
■防災設備

基地構内に設置されたガス検知器や監視用テレビカメラなどによる24時間
の監視体制のほか、各機器に最も適する機能を持った設備を設置して いま
す。

防災設備の詳細

Copyright (c) from 2007 NIHONKAI LNG CO., LTD. All rights reserved.