日本海LNG株式会社TOPへ
リンク集

お問い合わせ窓口

NEWS 日本海LNGについて 事業のご案内 環境・地域協調活動 LNG基地利用申込のご案内
HOME>事業のご案内>新潟基地の概要
新潟基地の概要
LNGとは
LNGの輸送ルート
新潟基地の設備
LNGの用途
 
アクロバットリーダーはこちらから

 新潟市の北東約16キロ、新潟東港の北端に位置する日本海エル・エヌ・ジー株式会社新潟基地。
日本海に面し、豊かな自然に囲まれた広大な敷地には、LNG(液化天然ガス)の受入れ・貯蔵・供給のための設備が効率よく配置されています。

 1973年8月、通商産業省(現 経済産業省)は、エネルギー源の多様化と公害対策のため、LNGの導入構想を提唱しました。そして5年後の1978年8月、当社は日本海側初のLNG基地として、地域経済の発展や環境保全だけでなく、日本海時代への起爆剤としての役割を果たすことを期待され、新潟県、北海道東北開発公庫(現 日本政策投資銀行)および東北電力株式会社などの一般企業が出資した第3セクターとして設立されました。以来、エネルギーの長期安定供給という社会的責務を担い、1日も休むことなく操業を続けています。ここから送り出されるLNGは、電気や都市ガスなどに姿を変え、皆さまの生活を支え続けています。

 

 

Copyright (c) from 2007 NIHONKAI LNG CO., LTD. All rights reserved.